« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月 6日 (水)

虐待のニュースを聞いて思う

虐待死のニュースを聞いて、暗い気持ちになる。

五歳の子が、ごめんなさい、ゆるして、と文章を書く。

言葉を形に残す。どれぼどの気持ちだったのだろう。その場しのぎにパッと出たレベルではないように見える。

そこまで追い込んだ親の心は、どんなだったのか?

遊びを禁じる?子供に?
朝四時に自分で起きて、体重とか書かせる?
そんなこと、子供ができると思ったのか。

虐待の連鎖、なんだろうか。
あまりに救いがないけど。
これが、いまは、事件やニュースになるけど、むかしは、それにもならなかったのかな。

それとも昔々は地域が、支えて抑止してたんだろか。

児童相談所の職員増を!なんて言う人がいたけど、それで解決になるんだろか。


行政任せでは多分足りないし。個別主義ばかり 尊重しててはだめなんだろうな、きっと。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »